上光証券の概要・投資サービスについて

上光証券株式会社は、昭和11年4月に創業し昭和13年2月に株式会社を設立を嚆矢とし、昭和23年には証券業登録を行い創業以来、地元北海道の地域に密着した企業姿勢を貫き今日に至りました。創業以来大切にしてきたのは、お客様のために役立ち、お客さまととともに喜ぶ、という理念です。上光証券が今日に至るまで長く地元の顧客の皆様にご愛顧をいただいてきたのは、ひとえに誠実な営業姿勢に徹し堅実経営を実践してきたことに由来します。
今では札幌本店を筆頭に、小樽、室蘭、北見など北海道全体に広く6支店を展開し、地場証券会社として地元の顧客の皆様に幅広く投資サービスを提供しています。上光証券の投資サービスの具体的内容は大きく分けて3部門からなっています。
個人営業部門では、個人の顧客のライフスタイルに合った資産運用方法について、ファイナンシャルプランナーが提案する業務を展開しています。例えばひとくち株式といっても、上場株式の売買から新規公開株式、外国株式など投資対象も投資内容も多様化しており、初めての参入には敷居が高いのが現状です。このような複雑な投資の世界について専門家であるファイナンシャルプランナーが道案内を担い、顧客のライフプランに応じた最適の投資方法を提案しています。
法人営業部門では、国内外の株式や債券や投資信託などのブローカー業務を通じて、法人の顧客の資産運用や管理を行っています。最近では企業の国際化や、金融の自由化を受けて、新たに登場する金融商品はめまぐるしく変化しています。とくに法人の顧客では資産運用の成果が業績に直結する部分もあるため、金融市場の動向を的確に把握し顧客の要望を実現させるための業務を実践しています。
そして3つめの部門は、財産引受部門です。金融の自由化などの影響もあって最近では株式市場や社債市場を通じての資金調達を選択する企業が増えています。上光証券は昭和63年9月に引受免許を取得し、多くの北海道の地元企業の幹事会社として、資金調達のサポートを手がけてきました。資金調達における間接金融から直接金融への流れはこれから先の将来も加速することこそあれ、停滞することは想定しがたい状況です。このような金融市場の趨勢を敏感に察知し、地元の企業の成長の一翼をになう業務も展開してきました。
上光証券はこれから先の激動の時代にあっても、地場証券会社として全ての顧客の方々にきめの細かいサービスの提供にこだわります。

日本アジア証券の概要・投資サービスについて

日本アジア証券株式会社は東京都中央区に本社がある証券会社で、藍澤證券株式会社の完全子会社です。1903年に金万商店として創業され、100年以上の歴史を有しています。金万商店は1930年に中央証券と合併して金万証券に商号を変更します。現在の日本アジア証券株式会社へと商号を変更したのは2002年のことです。同社は丸金証券やユニコム証券など様々な証券会社と経営統合を行い発展を遂げてきました。2015年には日本アジアグループ株式会社の直接の子会社となりますが、2017年に日本アジアグループは日本アジア証券の全株式を藍澤證券に譲渡しています。また同年、日本アジア証券の完全子会社であったおきなわ証券の株式が沖縄銀行に譲渡されました。
同社が提供する投資サービスは日本株式と外国株式と投信信託、債券の4つに分類することができます。外国株式はアメリカや中国、台湾、インド、ブラジルの他にベトナムやインドネシアなどの株式も取り扱っています。同社を通した外国株式の取引には国内店頭取引と外国取引の2種類が存在します。国内取引では取引の実行に必要な費用が含まれているため、別途の手数料は不要です。一方外国取引の場合には一定の手数料が必要となります。例えばベトナム株式の場合には、約定代金に対して税込みで一律3.24%の手数料が求められます。商品ごとに手数料やリスクは異なるため、取引に際しては資料を熟読し一定の知識を習得することが重要です。
日本アジア証券による投資信託には様々なものが存在します。例えば米国・シェールMLP・高配当株ファンドは主にアメリカの金融商品取引所に上場している優先株式を含む株式とマスター・リミテッド・パートナーシップ、不動産投資信託を含む投資信託証券に投資を行うことで安定的な収益を確保し中長期的な視点で信託財産の成長を目指す投資信託です。短期豪ドル債オープンはオーストラリア・ドル建ての高格付けの公社債と短期金融商品に投資を行い、安定的な利息収益の確保を目指します。短期豪ドル債オープンは毎月分配型のため、利息収益が毎月分配されるという特徴があります。
日本アジア証券では外国株式や投資信託の他にも様々な債券を取扱っています。同社が取り扱う債券は日本国債と社債、外国債券と仕組債です。日本国債は個人向けのもので変動10年、固定5年、固定3年の3種類があります。変動10年では半年ごとに利息が変動します。社債は日本企業が発行するもの、日本国債よりもリスクは高まりますが高い利回りを期待することができます。外国債券はユーロやブラジルのレアルなど外貨建てのものです。仕組債には日経平均株価などの指数や、外国為替レートに連動して条件が変動する債券が存在します。

ふくおか証券(旧 前田証券)の概要・投資サービスについて

ふくおか証券(旧 前田証券)は、福岡県を地盤とする証券会社で、ふくおかフィナンシャルグループに属します。
1940年6月6日に前田証券として創業、2012年4月1日に福岡銀行の完全子会社となり現在の名称に変更、2017年4月までに社員数は213名、福岡県内や大分県、長崎県に出張所を含む17店舗で営業しています。
ふくおか証券(旧 前田証券)の特徴は、福岡銀行グループと提携していることでしょう。
全17店舗の内14店舗が、福岡銀行との共同店舗になっており、銀行サービスとともに証券サービスも提供しています。
地味と密着も特徴の一つと言えるでしょう。投資目的やライフプラン、リスク許容度を基にして、顧客のニーズに合った提案を行っており、商品購入後もこまめな対応でアフターフォローすることで知られています。
福岡銀行に口座を持っている場合は、口座を連携してよりスムーズな出入金が可能になっており、
ふくおか証券(旧 前田証券)の主な投資サービスは、国内上場株式の売買仲介、信用取引、新規公開株式などの取り扱いを中心に、上場投資信託や不動産投資信託などにも力を入れる他、国債・個人向け国債、地方債、外国債券まで幅広く扱うことで顧客の投資リスクを分散し、可能な限り高い利益の実現を目指します。
インターネットから気軽に投資できる金融商品も扱っています。eMAXIS(イーマクシス)は、日経平均225、NYダウ、特定の指数に連動する投資成果を目指すもので、運用成果がわかりやすいという特徴があります。そのため投資初心者の方、複雑な仕組みの投資は避けたい、手数料が安いことから投資初心者の方にも理解しやくなっています。
自分でファンドを組み合わせたい、と言った方に魅力です。
例えば、カテゴリとして国内株式型。国内債券型、国内リート型などから、外国株式や外国リートなども含めて多彩なファンを自分で組めるため、利益を重視したいなら新興国投資、利益重視で圧締も目指すなら先進国、全体的にバランスを取りたいなら世界分散など様々なスタイルで投資を行えるため、人気を集めています。
ふくおか証券(旧 前田証券)は、ふくおかフィナンシャルグループが目指す地域密着型で持続的な成長を実現するザ・ベスト・リジョーなるバンクの実現のために、証券サービスの中核会社として国内外の幅広い金融商品の提供を通じ、福岡県や九州エリアのさらなる発展のために尽くしています。

香川証券の概要・投資サービスについて

香川証券は香川県を中心に証券業務を行っている1944年創業の証券会社で、さまざまな投資サービスを提供しています。香川証券と取引を行うには証券総合口座を開設することが必要で、証券総合口座は最寄りの香川証券の店舗で開設することができます。証券総合口座は無料で開設することができ、相談料やコンサルタント料なども全て無料です。
香川証券はオンライン取引を行っておらず、全ての取引は対面取引になります。投資を行う際には、投資や金融の専門家である香川証券の社員とじっくりと相談することができますので、プロのアドバイスに従って投資をすることができます。投資の経験がなくてもプロからのアドバイスが無料で受けられますので、初心者の方でも安心して投資による資産運用が可能になります。
香川証券が取り扱っている投資サービスや金融商品には、株式や外貨建て債券、投資信託や国内債券などがあり、さまざまな方法で資産運用をすることができます。いろいろな投資サービスがありますが、スタッフに相談すると最適な投資サービスや金融商品を紹介してくれますので、最善の方法で資産運用ができます。
余裕資金の運用などの収益性を重視したい方には株式投資や外貨建て債券、投資信託などが最適で、積極的な資産運用をすることが可能です。収益性よりも安全性を重視したい方には、国内債券や保険商品などが適しており、手堅い資産運用をすることができます。どのような金融商品であってもリターンが期待ができる反面、リスクも存在しますが、香川証券のスタッフはリターンとリスクについて十分に説明を行っていますので、安全性の高い投資をすることができます。
香川証券ではメール会員サービスを行っており、口座を開設していない方でもメール会員になることが可能です。メール会員になると最新の投資サービスを掲載したメールが届き、投資や資産運用の参考にすることができます。キャンペーンなどのイベントの情報や大規模講演会、IRセミナーなどの案内も届きますので、最寄りの会場で実施される講演会などに参加できます。
大規模講演会やIRセミナー、資産運用セミナーなどは、香川県内の有名ホテルで定期的に開催しています。各種セミナーには無料で参加することができ、投資に関する最新情報や資産運用の相談をすることができます。セミナーは口座を開設していない方でも参加することができ、最寄りの店舗に連絡をすると予約ができます。

エース証券の概要・投資サービスについて

エース証券株式会社は、大阪府大阪市中央区本町に本店を置いており、さまざまな投資サービスを提供しています。エース証券株式会社は、2016年3月末時点で399人の従業員を擁しており、「健全で信頼できる資産運用のパートナー」を目指しています。

エース証券は、21世紀を資産運用の成果で大きな差が出る時代であると考えています。お客様の心豊かな未来を築くお手伝いに最大の座標軸をおいており、満足頂けるベストカンパニーになるよう努力しています。

エース証券株式会社は、シンプルで明快なテーマを提起しながら、お客様の潜在的な悩みに真剣に向き合うことが、これからの時代に必要な本物の資産運用であると考えています。

エース証券株式会社は、経営理念として3つの信頼を確立することが重要だと位置付けています。1つ目は、お客様との信頼関係の確立です。2つ目は、地域社会との信頼関係を高めることです。最後は、社内の信頼関係を強化することです。

また、行動理念として、積極的に行動して、お客様とのより親密な信頼関係を築き、証券のエキスパートとして研鑽に努めることを掲げています。

エース証券株式会社は、投資信託、株式、債券、先物取引、オプション取引などの投資商品を提供しており、お客様への「One To One」の対応を大切にしています。

エース証券株式会社は、「ヒトと人が向かい合う機能」である相談機能を重視しており、一人ひとりのお角様にベストな資産運用を提案することに最大の重点を置いています。

大阪府、東京都、滋賀県、奈良県、兵庫県、和歌山県、福岡県の合計12カ所に店舗を配置しており、お客様に対して「One To One」な相談窓口を用意しています。

自宅や職場の近くに店舗がないお客様には、通信取引を提供しています。インターネット取引は、2014年5月30日に廃止しており、電話取引に移行しています。ただし、資産状況や取引履歴などについては、インターネット上の「エース・プレミアムメンバーズクラブ」に加入することで、いつでも確認することが可能になっています。

エース証券株式会社は、さまざまな投資サービスを提供していますが、2000年10月にプライベートバンキング本部を立ち上げ、富裕層向けサービスを強化しています。

さらに、金融商品仲介ビジネス室を2004年4月に設立し、信頼できるアドバイザーとともに金融商品仲介業を提供しており、ビジネス拡大を行っています。

ひろぎんウツミ屋証券の概要・投資サービスについて

ひろぎんウツミ屋証券株式会社は、2008年1月1日に設立された会社で、広島県広島市中区に本店所在地があります。ひろぎんウツミ屋証券株式会社は、中国財務局で金融商品取引業者としての登録を行っており、日本証券業協会に加入しています。2017年2月時点で、240名の従業員を擁しており、社員同士の距離が近く、教え合う文化が根付いています。

ひろぎんウツミ屋証券株式会社は、時代の変化に柔軟に対応しながら、創業の精神であるお客様第一主義を貫いており、広島銀行グループのメンバーとして地域密着型の証券会社として、日々業務を行っています。

ひろぎんウツミ屋証券株式会社は、営業を展開している中国地方にしっかりと根をおろし、貯蓄から投資への視点を持ちながら、お客様からの依頼や要望にしっかりと耳を傾けながら、時代とニーズにマッチした金融商品と投資サービスの提供を心掛けています。

ひろぎんウツミ屋証券株式会社は、当社の目指す姿として経営ビジョンを定めています。広島銀行グループの地域密着型証券会社として、質の高い金融商品、投資サービスをお客様に提供することで、安定的な資産形成をサポートすることが、経営ビジョンです。

また、経営ビジョンを具体的に展開する上での基本的な考え方であり、利害関係者との約束事項として、行動規範を掲げています。ひろぎんウツミ屋証券株式会社の行動規範は、以下の5つになっています。

・地域社会とともに歩みながら、その発展に積極的に貢献する
・「貯蓄から投資へ」の担い手として、お客様のニーズに応える
・企業価値の持続的な向上に努める
・従業員があかるく働きがいのある企業をつくる
・ハイレベルなコンプライアンスを実践する

ひろぎんウツミ屋証券株式会社は、東京都、大分県、岡山県、島根県、山口県、広島県に店舗があり、豊富な商品と投資サービスを提供しています。また、店舗が自宅や職場の近くにない方向けに、電話でのコール取引やインターネット取引も提供しており、どこからでも手続きが行えるような体制を整備しています。

ひろぎんウツミ屋証券株式会社は、国内株式、外国株式、投資信託、債券、年金、保険など、取扱い商品ラインナップが多く、あらゆる投資ニーズに対応しています。

また、各店舗でセミナーを開催しており、女性限定セミナーや株式セミナー、投資信託の案内会、海外株式の動向など、さまざまなテーマに触れていただく機会を設けています。

髙木証券の概要・投資サービスについて

髙木証券株式会社は大阪市の北区に本店を置く証券会社です。2017年に株式の公開買い付けが行われ、東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社の完全子会社となりました。以前は野村ホールディングス株式会社の関連会社だったこともあります。1876年に髙木両替店として創業され、140年を超える歴史を有しています。髙木証券と商号が変更されたのは1944年です。1949年には大阪証券取引所、1965年には東京証券取引所、1987年には名古屋証券取引所でそれぞれ正会員として加入しています。1989年には東京証券取引所と大阪証券取引所の第2部にそれぞれ上場します。一方大阪証券取引所は東京証券取引所と経営統合しており、また2017年には東海東京フィナンシャル・ホールディングスの完全子会社となったことで現在では上場を廃止しています。
髙木証券の投資サービスの特徴は対面接客によるきめ細かなサポートにあります。ファンド診断など顧客1人1人に合わせた的確なアドバイスが行われており、取り扱う投資信託の種類も豊富です。2015年には証券業界では初となる投資信託の専門店である投信の窓口を日本橋と三軒茶屋に開業しています。現在では大阪駅前第1ビルにも支店が設けられており、土日と祝日を含めて毎日午前10時から午後19時まで相談を受けることができます。またインターネット上のWeb支店を利用してアドバイスを受けることも可能です。相談時間は1回約1時間で相談を受けるためには各店舗やカスタマーサポートセンター、ホームページから事前の予約を行うことが必要となります。
髙木証券が展開する投信の窓口で受けることができるサービスは、ファンド・ラボによる投資信託の診断と専門家であるコンシェルジュからのアドバイスです。ファンド・ラボによる診断は運用成果だけでなく元本の安全性や分配金の魅力と安定性、コスト、人気、相性を5つ星で評価します。運用成果や元本の安全性などは運用期間が1年を経過した投資信託を評価しています。日本国内で販売されている投資信託のほぼ全てを、公平に判断することが可能です。投信の窓口を利用することで最も運用成果の優れた投資信託を選択でき、また選ぶ銘柄によって成果に大きな差が出てきます。顧客は簡単な質問に答えるだけで、6つのタイプの中から最適な投資スタイルを探すことが可能です。高評価な投資信託を組み合わせることで、独自の運用プランを作成することもできます。

藍澤證券(アイザワ証券)の概要・投資サービスについて

藍澤證券(アイザワ証券)は1918年に港屋商店として創業されました。1933年には株式会社藍澤商店となり、1948年に藍澤證券株式会社に商号を変更しています。藍澤證券(アイザワ証券)は歴史のある会社ですが、その投資サービスの大きな特徴は株式に強いという点にあります。同社の預かり資産のおよそ8割が株式で、受入手数料の約7割も株式手数料です。同社ではより多くの人に証券投資を通じより豊かな生活を提供することを経営目標としています。
現在では海外企業の株式の取引が一般化していますが、藍澤證券(アイザワ証券)はアジア株のパイオニアです。2000年には香港、韓国、台湾の3市場の取り扱いを開始しました。現在では中国やタイ、ベトナムから中東のイスラエルまで12のアジア市場を取り扱うようになっています。藍澤證券(アイザワ証券)を活用することで投資家は、アジアの各市場と直結した取引を行うことが可能です。
アジア市場は成長が著しく、高収益を期待することができます。顧客は自身のパソコンやコールセンター、営業支店を通してアジア株の発注を行います。藍澤證券(アイザワ証券)が採用するグローバルFIX接続はSTP化を可能とします。STPとはストレート・スルー・プロセスの略です。メッセージ・フォーマットを使用してシステム間を自動的に連動させることができます。
グローバルFIX接続は、システム間の自動的な連動によりつなぎ目のないスムーズな電子情報の流れを生み出します。人手を仲介せずに売買取引の成立から照合、清算、決済までの流れを処理することが可能です。顧客は藍澤證券(アイザワ証券)の投資サービスを活用することで、成長を期待できるアジア株の中から自身の投資スタイルに適合した株式を容易に見つけることができます。
藍澤證券(アイザワ証券)では一般的な顧客の投資スタイルの多様化に対応して、様々な取引口座を用意しています。インターネットで気軽に取引ができる口座や、日本株の投資相談をプラスした口座も存在します。また対面販売専門の口座を利用することもできます。各店舗には常駐するサポートスタッフが存在します。顧客の要望に対応する他にも、ニーズに合わせたセミナーを実施するなど地域密着型の投資サービスが提供されています。
さらに藍澤證券(アイザワ証券)のラップ口座では、投資一任契約に基づいて総合的な資産の運用・管理を依頼することができます。運用方法は国内現物株式を中心に運用するものと、タイプの異なる複数の投資信託で運用するものが存在します。

むさし証券(トレジャーネット)の概要・投資サービスについて

むさし証券(トレジャーネット)は、埼玉県内を始めとする関東地方の一部地域や、大阪に店舗を構える証券会社のオンライントレードサービスです。スタッフと対面による取引とは違い、インターネットを利用して投資サービスを受けることができますから、コストが発生しにくく、その分だけ利用者が安くサービスを受けられるのが特徴です。
本社は埼玉県さいたま市に存在します。大正8年創業という古い歴史を持っており、山文証券と千代田証券が合併した後、あさひリテール証券が生まれますが平成16年に、そしあす証券に名前を変更します。平成22年に武蔵証券と合併して、現在の社名が使われるようになりました。その後も、のぞみ証券と三栄証券を合併を果たしています。
投資サービスとして株式や先物・オプション、投資信託といった人気の投資商品を取り扱っている他、IPOやPOの取り扱いと申し込み受け付けを行っています。むさし証券(トレジャーネット)の利用にはパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット、従来型の携帯電話からも取引できる魅力があります。単元未満株の買い取りや買い増しの請求は電話やメールで受け付けてくれます。
強みとして、むさし証券(トレジャーネット)は業界内でも低水準の手数料を誇っています。現物も信用も区別なく、取引手数料が最低でたったの81円です。多くのインターネット証券が100円を超えてきますから、余計な費用をかけることなく取引ができるメリットが、むさし証券(トレジャーネット)にはあると判断できるでしょう。
トレジャースタンダードとトレジャーボックスという、2種類の手数料プランが用意されています。トレジャースタンダードは1取引ごとの約定金額で決まるもので、10万円までなら最低水準の81円です。トレジャーボックスは1日の約定代金の合計額が基準になります。300万円まで1296円ですから、1日のうちに頻繁に取引を繰り返す投資家に格安の恩恵が得られます。
とても使いやすい、TNAVIという情報ツールを無料で使える投資サービスを用意してくれています。マイポートフォリオには100銘柄を登録できますので、楽に資産管理ができるでしょう。テクニカル分析に便利な移動平均クロスやボリンジャーバンド、移動平均乖離率などを表示可能で、1ページに20銘柄を表示できる株価リストがありますから、気になる銘柄のチェックに役立ちます。
この他にも、使いやすい機能が満載です。むさし証券(トレジャーネット)には投資をしやすい環境が整っています。

KOYO証券の概要・投資サービスについて

KOYO証券はフェイス・トゥ・フェイスによる投資サービスを提供しており、24時間にわたって投資の専門家と相談しながら投資を行うことができます。ネット証券のように自分だけの裁量で投資をするのは避けたい方に最適で、専門家からの適切なアドバイスに従って投資ができることがKOYO証券の大きなメリットです。
KOYO証券は東京に本社があり、名古屋と大阪、広島と福岡に支店があります。いずれの店舗も駅チカの便利な場所にありますので、気軽に通って窓口で相談することができます。口座開設も全国の本支店で行っており、最寄りの店舗ですぐに口座を開設して取引を開始できます。
KOYO証券の投資サービスには、株365や投資信託、外国債券やREITなどがあり、商品先物取引や先物・オプション取引をすることも可能です。KOYO証券は投資信託による投資サービスが充実しており、国内や海外のさまざまな金融商品に投資をすることができます。株式投資や債券投資をするためには、ある程度のまとまった資金が必要になりますが、投資信託であれば1万円程度の予算からでも始められます。銀行預金の金利を上回る利回りが期待できるため、資産運用のパフォーマンスを高められます。
KOYO証券では株365の取引が可能で、株式投資を始めたい初心者の方には株365が最適です。株365は株価指数証拠金取引であり、レバレッジを効かせることによって、少ない資金でも株式投資をすることが可能になります。通常の株式投資は9時から15時の間しか取引をすることができませんが、株365は24時間取引をすることができるため、日中は仕事をしている方も、仕事が終わってから株式投資をすることが可能です。
KOYO証券の投資サービスの商品先物取引では、ゴールドを中心とした商品の先物取引をすることができ、夜間も取引をすることができます。夜間でも専門のサポートデスクの助言を受けることができ、専門家のアドバイスは24時間にわたって受けることができます。商品先物取引は売買のタイミングが初心者には難しいですが、専門家からのアドバイスを受けることによって、最高のタイミングで売買の注文ができるようになります。
先物・オプション取引では、東証マザーズ指数先物取引やTOPIXオプション取引、日経225オプション取引などを行うことが可能です。ETFやETN、REITなどの取引をすることも可能で、数多くの投資サービスの中から最適な金融商品を選んで資産運用ができます。