藍澤證券(アイザワ証券)の概要・投資サービスについて

03

藍澤證券(アイザワ証券)は1918年に港屋商店として創業されました。1933年には株式会社藍澤商店となり、1948年に藍澤證券株式会社に商号を変更しています。藍澤證券(アイザワ証券)は歴史のある会社ですが、その投資サービスの大きな特徴は株式に強いという点にあります。同社の預かり資産のおよそ8割が株式で、受入手数料の約7割も株式手数料です。同社ではより多くの人に証券投資を通じより豊かな生活を提供することを経営目標としています。
現在では海外企業の株式の取引が一般化していますが、藍澤證券(アイザワ証券)はアジア株のパイオニアです。2000年には香港、韓国、台湾の3市場の取り扱いを開始しました。現在では中国やタイ、ベトナムから中東のイスラエルまで12のアジア市場を取り扱うようになっています。藍澤證券(アイザワ証券)を活用することで投資家は、アジアの各市場と直結した取引を行うことが可能です。
アジア市場は成長が著しく、高収益を期待することができます。顧客は自身のパソコンやコールセンター、営業支店を通してアジア株の発注を行います。藍澤證券(アイザワ証券)が採用するグローバルFIX接続はSTP化を可能とします。STPとはストレート・スルー・プロセスの略です。メッセージ・フォーマットを使用してシステム間を自動的に連動させることができます。
グローバルFIX接続は、システム間の自動的な連動によりつなぎ目のないスムーズな電子情報の流れを生み出します。人手を仲介せずに売買取引の成立から照合、清算、決済までの流れを処理することが可能です。顧客は藍澤證券(アイザワ証券)の投資サービスを活用することで、成長を期待できるアジア株の中から自身の投資スタイルに適合した株式を容易に見つけることができます。
藍澤證券(アイザワ証券)では一般的な顧客の投資スタイルの多様化に対応して、様々な取引口座を用意しています。インターネットで気軽に取引ができる口座や、日本株の投資相談をプラスした口座も存在します。また対面販売専門の口座を利用することもできます。各店舗には常駐するサポートスタッフが存在します。顧客の要望に対応する他にも、ニーズに合わせたセミナーを実施するなど地域密着型の投資サービスが提供されています。
さらに藍澤證券(アイザワ証券)のラップ口座では、投資一任契約に基づいて総合的な資産の運用・管理を依頼することができます。運用方法は国内現物株式を中心に運用するものと、タイプの異なる複数の投資信託で運用するものが存在します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です